空気を吸うだけダイエット法

 

 

普段の呼吸法を変えるだけでもダイエットにつながるって知ってましたか?


 

内蔵脂肪を効率よく燃やすために、腹式呼吸を意識してみることだけでもダイエットに効果的なんです。

 

まずは、腹式呼吸がどんなものか確認します。何度もやる必要は無く、腹式呼吸のやり方がなんとなく分かってきたら、次のメニューに進んでください。

 

腹式呼吸のやり方

背筋を伸ばして、鼻からゆっくり息を吸い込みます。このとき、丹田(おへその下)に空気を貯めていくイメージでおなかをふくらませます。
つぎに、口からゆっくり息を吐き出します。お腹をへこましながら、体の中の悪いものをすべて出しきるように、そして、吸うときの倍くらいの時間をかけるつもりで吐くのがポイントです。
回数は1日5回くらいから始め、慣れたら10〜20回が基本ですが、その日の体調に合わせて、無理なく楽しみながらやりましょう。

 

さらに効果を高めたいときは

 

腹式呼吸にイメージトレーニングを加えてみましょう。息を吸い込むときは、高原のさわやかな空気や、好きな花の香りなど心地よいものをイメージし、息を吐くときはイライラの原因や緊張、不安などのマイナス要因がからだから出て行くのをイメージします。

 

 

参考サイト: http://www.med.or.jp/komichi/holiday/sports_02_pop.html

 

 

腹式呼吸を特にウォーキングなどの有酸素運動を行うときに意識していれば、内蔵脂肪を効率よく燃やすことができます。

 

俺からのワンポイントアドバイス

 

体内に酸素をたくさん取り入れるために、よい姿勢で歩くこと!

 

具体的にどうしたらいいのかというと、今までの歩く幅を5pだけ広げてみて下さい。歩く速さは、ゼーゼー息切れしない程度の速さでリズミカルに歩きましょう。
歩幅を広げることによって、足の動きに合わせて呼吸ができるので楽に腹式呼吸ができます。

 

関連ページ

悪玉コレステロールを減らす運動を調べてみたよ
悪玉コレステロールを減らすには