悪玉コレステロールを自然と減らしてくれるライフスタイルのコツ

「悪玉コレステロールを自然に下げられたらな〜」
これって誰もが一度は思う事なのではないでしょうか。
実はライフスタイルでちょっとした所を改善するだけで、悪玉コレステロールを下げる事は十分可能なのです。
では、そのライフスタイルのコツとは?
今すぐに始められる事ばかりなので、是非チェックしてみてください。


 

悪玉コレステロールを下げるコツ

コレステロールは私たち人間にとって必要不可欠な成分です。
しかし悪玉コレステロールが増えすぎてしまうと血管の内側に蓄積し、動脈硬化を引き起こしてしまうかも…!!

 

現代の食生活やライフスタイルを過ごす以上コレステロールが不足することはありませんが、過剰の摂取には気をつけなければいけません。


飽和脂肪酸の摂取を控える

 

飽和脂肪酸の摂取が過剰になると肝臓でのコレステロール合成を促進させてしまい、その結果、血中コレステロール値を上げてしまいます。

 

飽和脂肪酸は肉の脂やバター、クリーム、ショートニングなどの動物性脂肪に特に多く含まれているので、ラーメンやチャーハンなどのこってりとした料理、唐揚げや豚カツなどの揚げ物、パンやケーキ、クッキーなどの菓子が好きな人は飽和脂肪酸の摂り過ぎに人一倍気をつけなければいけません。


トランス脂肪酸を避ける

トランス脂肪酸は悪玉コレステロールを増やす原因の1つです。

 

また動脈硬化や心臓疾患、がん、免疫機能の低下、不妊、アトピー、アレルギー、認知症などへの悪影響もあると考えられています。

 

ちなみにトランス脂肪酸を多く含んでいる代表的な食材と言えばマーガリンです。
マーガリンの他にも…

 

・ショートニングを含んだ菓子(クッキーやケーキ、スナック菓子など)
・植物性油脂
・カレーやシチューのルー
・マヨネーズ
・インスタント食品
・レトルト食品
・揚げ物(天ぷらやフライもの)

 

などがトランス脂肪酸を多く含んでいる食品なので、食べ過ぎないように気をつけましょう。


水溶性食物繊維を積極的に摂取する

悪玉コレステロールを改善するのに効果的と言われている水溶性食物繊維を毎日の食事に取り入れることで、楽に悪玉コレステロール値を下げることが出来ます。
水溶性食物繊維を多く含んでいる食材には…

 

・全粒粉
・押麦
・オートミール
・あずき
・納豆
・さつまいも
・枝豆
・オレンジ
・りんご

 

などが挙げられます。
また野菜を食べる量を増やすことで食物繊維の量も増えるので、サラダやお浸しなど積極的に摂取しましょう。


まとめ:悪玉コレステロールを自然と減らしてくれるライフスタイルのコツ

いかがでしたか?
今のライフスタイルをちょこっと見直してみるだけで、特に何の努力もせずに悪玉コレステロール値は下げられるかもしれません。
例えば普段の食事は肉よりも魚を選ぶようにしたり、お菓子の代わりにリンゴやバナナなどのフルーツを食べるようにしたり、バターやサラダ油の代わりにオリーブオイルやキャノーラ油を使うようにしたり…。
こういったコツさえ覚えておけば、改善だけでなく予防にも繋がります。