ストレスで悪玉コレステロールが急上昇!危険を回避する秘策とは?

肉体的問題の悪玉コレステロールと精神的問題のストレスは、一見関係ないように思えるかもしれません。
しかしストレスは悪玉コレステロールを増やす大きな要因になるので、溜めこまないようにしなければいけません。
では、悪玉コレステロールが急上昇しない為にどうすれば良いのか?
その回避する秘策を身につけておきましょう。


 

ストレスが及ぼす身体への影響

人間に必要な「緊張感」をもたらす為、ある程度のストレスは必要だと言われています。
しかし過度のストレスは身体に悪影響を及ぼしかねない存在なので、なるべくストレスを溜めこまないようにしなければいけません。
では、ストレスとコレステロール値がどのように関係しているのか、それぞれチェックしてみましょう。


ストレスが溜まると悪玉コレステロールが急上昇する理由

ズバリそれは、ストレスが多くかかる事で乱れる自律神経が原因なのです。
ストレスを感じ自律神経が乱れると、副腎皮質ホルモンやカテコラミンが分泌されます。
副腎皮質ホルモンは血液中の遊離脂肪酸量を増やし、中性脂肪酸やコレステロールの合成を促進します。
そしてカテコラミンは血管を収縮し、血圧を上昇する働きがあるのです。
これら2つの働きによって中性脂肪やコレステロールが上昇し、高脂血症や動脈硬化を起こしやすくなる、というわけです。

ストレスが溜まりやすい人はこんな人

ストレス社会と呼ばれている現代で、ストレスを全く感じずに生活することはほぼ不可能です。
大事なのは感じたストレスを溜めこまない事!

 

では、どんな人がストレスを溜めこみやすいのかチェックしてみましょう。

 

 


ストレスが溜まりやすい人の特徴

・人一倍責任感がある人
・怒りっぽい人
・競争心が強い人
・せっかちな人

 

ストレスを溜めこみやすい人は、性格に問題がある事がほとんどです。
気を張らず肩の力を抜くと案外ストレスを感じずに済むかもしれません。
ストレスを全く感じずに生活するのはほぼ不可能なので、夢中になれる趣味を見つけたりスポーツなどで発散するなど、努力するようにしましょう。

まとめ:ストレスで悪玉コレステロールが急上昇!危険を回避する秘策とは?

現代の社会を生きていくためには、ストレスと上手く付き合っていかなければいけません。
自分がストレスを感じやすい、溜めこみやすいという自覚がある人は自分なりに発散方法を見出すと良いでしょう。

 

他にも睡眠時間は十分に取れているのか、適度な運動を取り入れているのか、そしてバランスの良い食事を取っているか、この機会に再度確認してみてはいかがでしょう?